小児歯科

診療メニュー

いちば歯科クリニック携帯サイト

患者の気持ち-いちば歯科クリニック

小児歯科

電動麻酔器

小児歯科では、お子様の虫歯の治療はもちろん、成長・発育に合わせたお口の管理を行っています。
乳歯の頃からしっかり歯科治療を行うことで永久歯に生え変わった際、歯並びや歯の噛み合わせを整えることができ、将来充実した食生活を送ることができます。
当院では、滅菌とラバーダム(ゴムのマスク)による感染予防で安全でスピーディな治療を行い、さらに定期的にお口のお写真をお撮りしますので、ご家族の方もお子さんのお口の成長を共にご覧いただけます。
そして何より、治療を怖がっているお子さんには専門的な方法を駆使して、お子さんが自ら進んで「治療を受けてもいいかな」と感じさせることによって、小さな頃からお口の健康を守る意識を身につけるお手伝いをします。

お子さまの虫歯予防のために

フッ素塗布

フッ素は、お子様の歯質を強くし虫歯に対する抵抗性を高めるといわれています。

フッ素が歯の表面の層にふれると、エナメル質が硬く強くなり虫歯の原因菌に対する抵抗性が高くなります。また、軽度の虫歯の原因部分の修復を促し、虫歯の進行を防いでくれます。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を薄いフッ素入りの樹脂でふさぐ、むし歯予防法です。

まだ幼いうちは、溝が深く複雑な形状のため、歯ブラシの毛先が入らず、そのために毎日歯磨きをしていてもむし歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことができます。

MFT(口腔筋機能療法)でバランスの整ったお口づくりのトレーニング

MFTとは?

MFTは口腔筋機能療法と呼ばれ、舌や唇、頬などお口周りの筋肉を強くして口腔の筋肉のバランスを整える訓練法です。口腔の筋肉バランスが整っていないと歯並びや発音にも影響を及ぼします。
バランスが悪くなる原因として、食べ物をあまり噛まずにすぐに飲み込んでしまうため、奥歯の筋肉が鍛えられていなかったり、指をしゃぶりや口呼吸の癖などさまざまです。
お子さまの場合、成長過程でその修正を行うことで効果を発揮しますが、特に小学校に入って永久歯に生え変わるまでに行うのがベストといわれています。
気になるお子様の癖や症状がある場合は、お気軽にご相談ください。

こんなお子さまの症状がある場合は一度ご相談ください。

  •  お口がよくぽかんとあいてしまっている
  •  指をしゃぶる癖
  •  爪を咬む癖
  •  舌が上下の歯と歯の間にのっている
  •  呑み込む時に舌が上下の歯の隙間に出る
  •  上手く呑み込めない
  •  お口を閉じて食べられない
  •  唇を咬む癖
  •  サ行、タ行、カ行、ラ行など特定の音がはっきりしない
ページトップへ